FC2ブログ

再提出書類

5月末に提出した申請書類の中で指定された書類の再提出の準備が整いました。
今月の締め切り日までに当局に提出しなければなりません。

5月の申請時に必要だったもの
本人写真、申請理由書、宣誓書、譲渡譲受契約書、譲渡譲受価格明細書、履歴書(過去25年間)、事業計画新旧対照表、戸籍抄本及び住民票(家族全員)、運転免許証の写し、在職証明書、資産目録、預金残高証明書、健康診断書、適正診断受診票、運転記録証明書(5年もの)、無事故無違反証明書(地理試験免除者)、建物・登記簿抄本(自己所有の場合)、使用承諾書(共有名義で登記の場合)、賃貸借契約書(賃貸の場合)、営業所(自宅)付近の見取り図、営業所施設の写真(建物全体・出入り口・室内)、住民票と建物の表示が異なる場合は同一地である証明書、任意保険契約書(見積書)、修理見積書、etc...。

今回、再提出しなければならないもの  
  ・指定日現在の預金残高証明書
  ・在職証明書
  ・申請日以降の運転記録証明書
  ・被保険者期間回答書の写し(タクシー・ハイヤー以外の運転経歴者で未提出者)
  ・申請日以降の無事故無違反証明書(35才未満及び地理試験免除者)

さらに、申請時車庫未確保の場合は車庫に関する追加書類  
  ・宣誓書
  ・資産目録
  ・事業計画新旧対照表
  ・使用車両明細書
  ・自動車車庫の賃貸借契約書(賃貸の場合)
  ・付近の見取り図
  ・営業所(自宅)と車庫の位置を明示した縮尺入りの地図
  ・車庫平面図及び共同車庫による全体図
  ・車庫施設の写真(専有部分・車庫全体)
  ・前面道路の写真(前面道路全体・車庫出入口)
  ・道路幅員証明書



新規許可の申請と若干異なるところもありますが大体こんな感じになります。
特に注意が必要なのは預貯金の残高証明書で、これは申請時と再提出時で
残高が増減していてはいけません。(...正当な利息分を除いて)。
譲渡譲受認可申請の場合は200万円以上、
新規許可申請の場合は250万円以上の預貯金額が必要です。
筆記試験合格後の指定日の残高証明書を取得するまでは
何があっても決して手をつけてはいけません。
それさえ終われば自分の事業資金なので、
車両の購入費用や支払い家賃、その他必要なことに自由に使うことが出来ます。

上記申請書類を5月の申請時の時もそうだったのですが
基本的にそれぞれ正・副・控と3部ずつコピーして3部の冊子にしなければなりません。
近所のコンビニのコピー機を長時間占有して、
周りからヒンシュクを買わないように注意しましょう。
僕は学生の出没する時間帯は避けて夜中にコピーをしに行ったりしてましたが
夜中は夜中でコワイお兄さんたちがフルスモークの高級乗用車でやってきて
怪しい書類のコピーを始めたりするのでその時は速やかに場所を譲りましょう(苦笑)


スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

トラじろう

Author:トラじろう
          
いつしか開業7年目。
大阪市内の正統派個人タクシー事業者です。
高齢者の多いこの業界で、
アラフォー青春ど真ん中!
もっちろん営業車は
清潔・快適な完全禁煙車両♪

うりゃぁっ!
やったるでぇ~っ!!
走ったるでぇえぇ~~っ!!!

と言いながら
日夜必死のパッチで営業活動。

個人タクシーを志すそこの貴方!
ど~ぞコメントお気軽に!!
(もちろん堅気の方も大歓迎!!!)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
………………
休憩時間を含めた勤務時間
リンク
QRコード
QRコード