FC2ブログ

へぇ~るっぷ、みぃ~っ!!!

悪夢のような木曜日から一週間が経ちました。
営業活動的には年末だけあってそれなりに潤ってます。
が、さすがに気分的には乗り切れないのであります。
やっぱしリズムってもんがあるのです。狂いっぱなです。
後方からバイクや自転車やスケボーが接近してくるだけで、
“ビクビクビク~ッ!”と、過剰に反応してしまいます。
このままではPTSD(心的外傷後ストレス障害)に、
なってしまっても不思議ではありません。
というわけで、先日の事故に関する経過については、
現在とってもデリケートな時期ですので詳細はもう暫しお待ち下さい。





三菱タクシーがとうとう自動認可枠内運賃に陥落するようですネ。
ざまぁみやがれ!アホちゃうか!!
最初っから自動認可枠内のサービス重視でやっといたら良かったんちゃうんけ?
なぁ?なぁ?なぁ?
ここまで大阪の超壊滅的過当競争を過熱させた責任の一端は大いにあります。
言うなればC級戦犯ってとこです。
もっちろんA級戦犯は国土交通省をはじめとした行政ですが...。
平成14年2月のタクシー規制緩和、
そのはるか昔、
昭和61年から値段据え置きで「初乗り550円」のまんま。
バブル崩壊後も、
景気の低迷をよそに、業界内で1人勝ちの様相…。
一時は鞍替え運転手の入社待ちなんて時期もあった...。(本当)
まぁ、周りのタクシーがまだここまでの惨状に至ってなかったこともあり、
規制緩和まではある種、黙認されてた感がありました。
しゃあけど、なんぼ屁理屈を捏ね倒したとしても、
下限割れ運賃ってのはやっぱし無理やりな抜け駆け行為に他なりません。
                       (お前が言うなってか?...苦笑)
昼勤の年金受給嘱託雇用組は別として、
素人の養成主体で、きっと皆さんが素直で真面目な乗務員さん。
社員教育もこの業界としては、
しょ~もない古株のタク会社を含めても、
ある意味トップクラスです。
サービス面では決して悪い会社ではないのですから、
始めっから中身で勝負してもらいたかったです。残念です。

規制緩和後、
薬師寺グループの「5000円超分5割引」のスタート。
(何回も書きましたが、)
日本交通や日本タクシーなどの正統派大手老舗タクシー会社も、
少しは根性を見せたものの、あえなく「5000円超分5割引」に陥落。
この辺りがなんとも情けない…。

んで、
最後の締めが2km500円の、
所謂ワンコインタクシーの出現によるタクシー価格破壊。。。
裁判所も無理やりな企業内個人タクシーシステムを容認。
運輸局側も結局のところ控訴せず。なんじゃそりゃ!
元祖ワンコインタクシーだけならまだしも、
雨後の筍以上の猛スピードな勢いで、
訳のわからん新免の2km500円法人タクシーが増殖。
               (しかも有限会社だったりする。)
運転手もサラ金まみれみたいなやつばっかし。。。
ガラの悪いことで有名な、
KAN●YOタクシーの運転手がまともに見えてくる今日この頃…。


でもネ。。。
愛すべき三菱タクシーが“陥落”したってのは、とっても評価できるんですよ。
しかも遠距離割引も無し。なんて男っとこ前なんでしょう!
あとの下限割れ組といえば、
初乗り2km500円の所謂ワンコインタクシー(トモエとかMK含む)だけですから。
あ、そうそう、2km540円のさくらタクシーとかも。。。
(さらに僕ちゃん含む個人タク勢もいますが、所詮は可愛いもんです。)
アホみたいな遠距離割引の廃止もさることながら、
まずは、
在阪法人タク会社の下限割れ運賃を自動認可枠内に是正しましょう。
さすれば、
状況は厳しいながらも自動認可運賃枠内で正当な競争が出来ます。
(個タク組合の妖怪みたいな年寄りどもの意見はまた違うみたいやけど。そんなの関係ねぇ!)
きっと新地やミナミのお姉ちゃん達や、中~途半端なリーマンどもも、
極端な“三菱離れ”は起こさないはずです。
今まで培ってきた信用とイメージがありますから。
わずかな差額を節約して、
法人500円タクシーで寿命の縮む思いをしながら、
(概ね3km圏内)の市内のマンションに帰るより、
少なくとも気分良く送ってくれるはずですから。
っちゅうことは、
中型や小型の自動認可内運賃(ただし最下限運賃!)の、
法人や個人タクシーにも、そのビジネスチャンスは訪れるってことです。
もちろん一朝一夕ってわけにはいきませんが、
安全面やサービス等、
少なくとも値段ではなく、“質”で対抗できるのです。
(と言っても、決して媚び諂ったサービスは要りませんし、
   あくまで普通のことを普通にしてたら良いんだけなんですよー!
                   そこんところ勘違いしないでねー!!)


最後に、
このたび大阪市域はそのあまりの惨状から、
近畿運輸局が「準特別監視地域」に指定したようですが、
な~んか死ぬほど中途半端ですネ。。。
なんで国土交通大臣の「緊急調整地域」の指定ちゃうんかが理解不可能であります。
どっちゃにしても増えすぎたクルマは減らへんからどうでもエエんやけど…。

なんにしても、
大阪の刹那的利潤追求型の法人タク経営者どもには自浄能力なんかないのです。
ほんの数年先の業界の将来すら読めないのであります。
アホちゃうか。

ちょっと遅いけど、
“神の見えすぎる手”で何とかしてもらいたいもんです。
地獄組のボス風に言うたら
「ぷりぃ~ず、へ~るっぷ、 みぃ~~~っ!!!」ってとこなんですわ。
            (↑これをわかる人、あなたは大阪人です!)

神様、オ・ネ・ガ・イ!!!

本日の一曲



※引き続き冒頭主文のような状況ですので、
 コメント頂きましても返信は差し控えさせていただきます。
 何卒ご了承ください。





スポンサーサイト



comment

Secret

プロフィール

トラじろう

Author:トラじろう
          
いつしか開業7年目。
大阪市内の正統派個人タクシー事業者です。
高齢者の多いこの業界で、
アラフォー青春ど真ん中!
もっちろん営業車は
清潔・快適な完全禁煙車両♪

うりゃぁっ!
やったるでぇ~っ!!
走ったるでぇえぇ~~っ!!!

と言いながら
日夜必死のパッチで営業活動。

個人タクシーを志すそこの貴方!
ど~ぞコメントお気軽に!!
(もちろん堅気の方も大歓迎!!!)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
………………
休憩時間を含めた勤務時間
リンク
QRコード
QRコード