スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

痔獄の黙示録

退院しました。
一週間いろいろありました。
備忘録を兼ねブログ更新です。

【手術前日】
早朝の超満員電車に揺られ3泊4日分の大荷物を抱え病院へ。
節電の影響なのか車内のクーラーが全然効いてない。皆んな汗だく。
それでもスーツ姿のサラリーマンさん達は平気な御様子。
やっぱ僕ちゃん、会社勤めなんか到底無理やわぁ…、とあらためて実感する。
朝食後から絶食が始まると勘違いし、
ホームの立ち喰いうどん屋で「上天ぷらうどん&かやくご飯」をかき込む。

9:00  病院の受付に。諸々の入院手続きをして病室(個室)にチェックイン。
     何もすることがない。
12:00 昼食。
     何もすることがない。DVD鑑賞(三池崇史監督「一命」)。
18:00 夕食。これにて絶食。
     何もすることがない。読書(藤沢周平「蝉しぐれ」)。
21:00 消灯。
     寝られへんって、とか言いながらもいつしか眠りに…。


【手術当日】
5:00 小鳥の囀りで起床。俺はハイジか。
    アルコールなしで寝たのんは久しぶり。すっきり爽やか。

9:20 別嬪の20代ナースに前儀なしで浣腸される。
    「5分我慢してからトイレで全部出し切って下さーい。
    確認しますから流す前に必ず便座横のコールボタンを押して下さいね♪」
    3分程でギブアップしてトイレの個室に駆け込む。
    回転寿司のお会計ボタンみたいやなぁと思いながら、
    お申し付け通り、流す前にコールボタンでさっきの別嬪ナースをお呼び出し。
    排泄物を指さして現認してもらう。
    「こんなん出ましたけどぉ...(恥)」 orz...

  ------手術まで約3時間。これより水を飲むのも禁止の完全絶食------

10:00 手術が早まったとの連絡があり点滴開始。徐々に緊張…。
     全裸でT字帯を装着したあとポンチョみたいな手術着を頭から被る。  

11:50 いざ手術室へ。心拍数が高まる。緊張のピーク。

12:00 手術台に上がり横向きで膝を抱え海老の様に丸くなった状態で腰椎麻酔注射。
     全然痛くない。拍子抜け。
     今度はうつぶせになり、数分間執刀医先生と世間話をしているうちに麻酔が完了。
     ウィーンと最新鋭の手術台が、
     USJのバック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライドのような、
     3次元の動作をしたかと思いきや、
     瞬く間も無く今度は強制的に開脚させられる。
     嫌も応もなくいつしか平泳ぎの姿勢に。今の手術台ってスゴイね。
     この時点で下半身は完全に麻酔が効いた状態。全く身動きとれず。
     痔瘻根治切開開放手術(レイ・オープン法)スタート。
     触られてる感覚はあるものの全く痛みはない。不思議な感触。
     レーザーメスなのか?時折ジリジリとした音と焦げたような匂いが…。

12:20 手術終了。 

12:30 ストレッチャーに乗り病室へ。
     医療ドラマでよくある「いちにのさんっ!!」
     てな感じで4人掛かりで元の病室のベッドにスライド。
     今までのところ痛みは全くない。案ずるより産むが安しって感じ。

13:30 絶対安静。各種点滴継続。

14:30 爪先から足首、膝下の感覚が少しずつ戻ってくる。

15:30 大腿部から下の感覚が徐々に戻ってくる。
     下腹部から局部にかけてはまだ麻酔が効いているので感覚ゼロ。よって痛みもゼロ。

16:30 ようやく膝を曲げれるようになる。

17:30 最後の点滴。中身は痛み止めとのこと。

18:30 点滴終了とともに術後の安静解除。
     飲水テスト(絶食及び腰椎麻酔後なので急に水を飲むと胃痙攣を起こすらしい)。
     歩行テストの後、生まれたての小鹿のような足取りで自力でトイレまで行き小用。

19:00 24時間絶食後の簡単な食事。涙が出そうなほど旨かった!!

  ------生理用ナプキン装着。出血と浸出液を超吸収------

21:00 痛み止め点滴の効果が薄れてくる。
     さすがにちょっと痛み出す。
     しかも術後初めての恐怖の便意をもよおす。
     ナースに頼んで痛み止め頓服をもらう。

22:00 術後第一回目の便通。ほとんど痛みはなし。驚くほど安産。
     便を軟化増大させる酸化カルシウム錠剤(マグミット錠)がバッチリ効いている。
     まぁ、痛みがゼロではないけど想像してた10分の1くらい。

23:00 痛み止めでアタマが朦朧としている。
     私物の睡眠導入剤の力を借りて無理やり寝る。



【手術翌日】
5:00 小鳥の囀りで起床。俺はハイジか。

7:00 ナースの検温ほか。パンツを下ろしての視診あり。

8:00 朝食。出すときのことを考えてよく咀嚼するようになる。

10:00 執刀医先生の回診。経過は良好との御言葉を頂戴する。これで一安心。

12:00 昼食。出すときのことを考えてさらによく咀嚼するようになる。
     何もすることがないのでDVD鑑賞(山田洋次監督「隠し剣 鬼の爪」)。
     さらに何もすることがないのでDVD鑑賞(オリヴァー・ストーン監督「プラトーン」)。

18:00 夕食。出すときのことを考えてさらに思いっきし咀嚼するようになる。
     何もすることがないのでDVD鑑賞
             (ジュゼッペ・トルナトーレ監督「ニュー・シネマ・パラダイス」)。

21:00 消灯。ベッドのスタンドライトで読書(山本一刀「あかね空」)。
     私物の睡眠導入剤の力を借りて無理やり寝る。

【手術翌々日(退院)】
5:00 小鳥の囀りで起床。俺はハイジか。

7:00 ナースの検温ほか。パンツを下ろしての視診あり。

8:00 朝食。出すときのことを考えて1万回くらい咀嚼するようになる。

11:00 嫁はんが迎えに来る。
     荷物をまとめナースステーションに寄り、お世話になった皆様に御挨拶。
     有難うございました。



というわけで、先日無事に退院いたしました。
何かとお気遣い頂いた皆々様、厚く御礼申し上げます。
傷口の完全治癒にはまだ4週~6週程度かかるようですが、
短時間勤務でリハビリしながら仕事にはボチボチと復帰しています。

手術直後は別段なんてことなかったのですが、
数日経つと時折傷口が開いたり痛みが出たりして、
正直言うと少々厄介なこともあります。
でも思い切って手術してよかったと思っています。
組織の再生途中。ここらへんがグッと我慢のしどころ。
まぁ、あとは「日にち薬」しかありませんね。
何にせよ健康の大事さ、有難みを身につまされる一件でした。

ちなみに今回の腰椎麻酔による痔瘻根治切開開放手術(レイ・オープン法)、
初診料・諸々の検査料・手術費・3泊4日の入院費・食事代や投薬その他オール込みで、
健康保険3割自己負担額は実質約5万円。
(※オプションの個室ベッド代は除く)

内痔核や外痔核(いぼ痔)で日帰り手術の場合は当然さらに軽費で済みます。
ジオン式注射による手術で済む場合は身体への負担もより格段に少ないものかと。
お尻に悩みを抱える同業諸氏、もしくはそこの貴方、貴女!
何事も早期発見・早期治療に限りますよ!!
現在の医学の発達・進歩というものは本当に目覚ましいというほかありません。
全く無痛というわけにはいきませんが、
手術や治療にあたり想像していた苦痛はそれを遥かに下回るものでした。
もし永年にわたり患っていらっしゃるようでしたら、
ほんの少しの勇気を出して一度優良な医療機関を受診されんことを切に願います。

ではでは皆様、くれぐれもご健康で。


スポンサーサイト

comment

Secret

プロフィール

トラじろう

Author:トラじろう
          
いつしか開業7年目。
大阪市内の正統派個人タクシー事業者です。
高齢者の多いこの業界で、
アラフォー青春ど真ん中!
もっちろん営業車は
清潔・快適な完全禁煙車両♪

うりゃぁっ!
やったるでぇ~っ!!
走ったるでぇえぇ~~っ!!!

と言いながら
日夜必死のパッチで営業活動。

個人タクシーを志すそこの貴方!
ど~ぞコメントお気軽に!!
(もちろん堅気の方も大歓迎!!!)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
………………
休憩時間を含めた勤務時間
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。