FC2ブログ

おくりびと

遅れれればせながら(恥)、
第81回アカデミー賞、外国語映画賞受賞、
滝田洋二郎監督、
「おくりびと」、
のDVDを近所のTSUTAYA(新作490円)でレンタルして、
リビングの200インチのプラズマで観てしまったぞ。
正統派の僕ちゃん、
“いつもひとりで映画館”がモットーやねんけどさぁ...。
ま、時にはレンタルDVDもアリだったりするのよん。
(ちなみに最近劇場で観た映画は「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」)


まず率直な感想。
モッくんの裸が良かった。
萌えぇぇぇ~~~っ!!!
(残念ながら当方そういう趣味はないんでアホみたいなコメントは勘弁してね♪)
極めて芸にシビアなモッくん、
その根底に仕事への情熱と感謝の心が感じられたぞ。


さらに広末が良かった。
うーん、たまらん。。。
このコ、
根性や私生活での素行は最悪やけど、
女優としては超一流で天下一品、
まさに魔性の女ですね。間違いない。

ま、それはともかく、
この作品、良かったです。
海の向こうの青い瞳の審査員が評価した、
日本文化の理解がどうとかいう前に、
近親者の死や老いと言うのは、
誰しも避けては通れない普遍的なテーマですからね。


滝田洋二郎監督作品としては、
当方が大学生のころ劇場で観た、
「僕らはみんな生きている」(1992年)が、
サラリーマンの悲哀を、
絶妙なタッチで“シニカル”に描いた秀逸作として、
今だ記憶に新しいところです。
(滝田洋二郎監督の)
その前のポルノ作品については、
また今後、是々非々に研究させていただこうかと思っております。
とりあえず、
「官能団地 上つき下つき刺激つき」(1982年)あたりが気になって仕方がないぞ(爆)

ほんでから、
なにをさておき、
昔から「山崎努」ってシブいわ。
まさに燻し銀のプロの俳優。
僕ちゃんも個タク界であんな大人を目指すぞ。(なんちゃって)

ともあれ、
いろいろと考えさせられる作品でした。
一般乗用旅客自動車運送事業(個人タクシー)を生業とするものとして、
少々、意味合いは違うかも知れんけど、
こちらとしても、
日夜いろんな御客様を“お送り”して、
「おくりびと」やってまんねん。
そう、自分の仕事に誇りと自信を持って。

ただ、
作品中でも再三ありましたが
なんしかこういう稼業って、
まずは偏見と先入観から低く見られて、
全てを片付けられてしまってるってのが、
何よりも哀しいことです。
「兄ちゃん、他に仕事なかったんけぇ?」
とハイセンスでお上品なミナミの御客様なんかに、
ことあるごとに言われるしさぁ…。

オラが何をしただぁぁ!
と月に吼えても世間様は聞く耳は全く持ってくれません。
はぁ...。
ツライのぅ...。
現実は映画のように甘くない...。



本日の一曲



スポンサーサイト



comment

Secret

なるほど、同じ「おくりびと」ですね

僕はよく「リストラされたんか?」と聞かれます。
「タクシードライバーに憧れてたんです。」
と言うと「かわっとんなぁ~」と・・・。
何がかわっとんかよう解りませんが、タクシードライバーに対するマイナスの先入観というのを感じます。
実際に犬のように立ちションする運転手とかいますからね・・・
100キロ以上で市街道を飛ばすキチガイがいるのは確かです。
規制緩和からMKが入ってきたりグダグダですね

Re:舞子坂さん 

おつかれさまです。

ほんま、どこも同じみたいですねぇ…。
大多数の程度の低いアホ運転手どものせいで、
ごく一部の良識と常識を兼ね備えたドライバーが大変迷惑しています。
どうしてもこっちまで、そういう目で見られてしまいますからねぇ…。
情けないったりゃありゃしない。

大阪では相変わらず、
法人・個人ともに程度の低い500円タクシーが猛威をふるっています。
ただでさえ意識の低い運転手も、安かろう、悪かろうで当たり前になっています。
どもなりません。
はぁ…。
プロフィール

トラじろう

Author:トラじろう
          
いつしか開業7年目。
大阪市内の正統派個人タクシー事業者です。
高齢者の多いこの業界で、
アラフォー青春ど真ん中!
もっちろん営業車は
清潔・快適な完全禁煙車両♪

うりゃぁっ!
やったるでぇ~っ!!
走ったるでぇえぇ~~っ!!!

と言いながら
日夜必死のパッチで営業活動。

個人タクシーを志すそこの貴方!
ど~ぞコメントお気軽に!!
(もちろん堅気の方も大歓迎!!!)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
………………
休憩時間を含めた勤務時間
リンク
QRコード
QRコード