FC2ブログ

健康保険任意継続被保険者資格喪失記念日

もうすぐ個人タクシーを開業して丸2年を迎えることとなります。
イロイロありましたが、「あっ!」っちゅう間でした。
だって、
月末と翌月10日の支払い日に追いまくられてるんやもん。
(それ以外にLPGプリカ2万円度数のやつ×3枚を毎月購入)
うーん、きっついわぁ…。。。

で、
月末に否も応もなく口座から引き落とされるんが、
事業用携帯電話代、自動車保険代、業界新聞代、あと国民年金保険料。
ほんで、
やっとそれが終わったと思いきや、すぐに翌月の10日が!
ここで払うべきものはクレジットでのETC決済分(毎月数万円)、
個人タクシー組合費や各種上納金、健康保険の任意継続保険料(約23000円)、
てな感じです。
その他住宅ローンや地代家賃、光熱費等々、
生活に関するもんを挙げ出すとキリがないんで止めときますが、
この健康保険(組合管掌or政府管掌)の任意継続保険料支払いに思わぬ落とし穴が…。

開業初年度は、
法人時代(サラリーマン)からの天引き所得に合わせて国民健康保険料が決定されます。
で、現住所の市町村の財政状況にもよりますが、
自営業を始めた場合や失業した場合、
当面の間は所属していた会社の健康保険任意継続がお得と言えます。
(最長で2年間の継続が可能。)

でも開業2年目からは、
無理に任意継続を選択しなくても、
あえて健康保険の資格喪失(毎月10日までの期日厳守の保険料支払い無視等)して、
自治体運営の国民健康保険に加入すれば、毎月の保険料が断然安くなるのです。
もっとも、
自営業で高額の所得を青色申告している事業者の皆さんはこの限りではありませんが…。

で、糞真面目な僕ちゃんはこの2年間、
約23000円を毎月毎月、郵便局のペイジーからお支払い。
はっきし言ってしんどかったです。
こないだ任意継続被保険者資格喪失日が来たんで市役所へ。
で、愕然…。


保険年金課の窓口の職員。

「じゃ、今日から国民健康保険に切り替えますネ。
 トラじろうさんの場合、保険料は毎月5000円くらい、年間で約6万円になります。
 新しい保険証と支払い用紙が配達記録でご自宅に郵送されますんで暫くお待ち下さい。
 その間、医療機関ではこの仮の保険証で診療を今まで通り3割負担で受けれますからご安心を。」

てな感じで手続きはわずか数分。
このひと手間をもっと早くしといたら年間20万円くらいは節約出来たかもしれません。
(20万円あったら一人でピラミッド観に行けたやん!)
ほんま勉強不足で世間知らずでしたわ…。情けない…。


ちなみに、
当方よりちょっとだけ後に開業して同じく30歳代、
知能犯で有名な若手個人タクシー事業者、浪速の忘れんぼぅに、

「なぁなぁ?自分もまだ健康保険、会社の任意継続してんのん?」

と問い合わせてみたところ、

「先輩、今頃なにを言うてはりますねんなぁ!
 そんなんとっくに国民健康保険に切り替えましたわ。常識ですやんかいさぁ!」

と軽く嘲笑されてしまいました。えーん。




本日の一曲



スポンサーサイト



comment

Secret

まいど!

例の件ですね!?


先輩 意外と お茶目な 一面 ありますよねぇ




私ゃ 吐き出しを少なくするために 色々 やってるからぁ


しかも、人一倍 早めに (笑)

Re:忘れんぼぅ 

(うわ、早っ!)

そうそう。本文のとおりです。うぅ…。
今回のんは気付くんがトゥ~レイトやったわぁ…。
お恥ずかしい限りです…。

また何かと裏技とか脱税テク教えてネ♪
自分の方が僕ちゃんなんかより人生経験と生命力が断然上やわ。
頼りにしてんでぇ!!!

まいど!

脱税って?



そりゃ 聞こえが 悪いですやん

節税対策って
言ってくれます? (笑)

Re:忘れんぼぅ 

(うわ、早っ!)

ゴメンゴメン…、一字違いで大違い!
日本語ってディフィカルトやなぁ~!!!

ほんまでっせぇ

相手が私やから良かったようなものの


ちょっと つつかれる

機関がややこしいとこやったら、(日本S撲協会とか)

名誉キソン とかで 訴えられまっせ (笑)


ベリーエクスペンシブ つきまっせ!

Re:忘れんぼぅ 

(うわ、早っ!)

ほんまやなぁ!
今後はビィ~ケアフルするわぁ!

なんなんそれ~。
私も任意継続で2年払ってましたは~。
えっらい損害ですやん。
こっちの無知もあるけど、そこらへんのことは
社会保険庁が説明不足ちゃうの~?
任意継続した方がお得ですからと言いながら、
2年目から見直しも考えられますとかの説明が
あってしかりだと・・・。
むっちゃ気分悪いは~~。

Re:散歩道先輩 

先輩も法人時代は高給取りやったから、
きっと同じ目に遭ってまっせぇ~。

自営業開業後の申告所得や、
所轄の自治体(市町村)にもよるんで、
一概にこれがベストとは言えません。
社会保険庁をはじめ、
行政うんぬんは関係ありません。
あくまで“任意”なわけなんでね。

ま、なんしかサラリーマンとちゃうんやから、
全て自己責任の世界です。
自分の身は自分で守るしかないっすね。

その毎月5千円てことはトラじろうさん一人分だよね?
それなら納得な数字ではあります。
私とこは2年間任意継続してて損はなかったようです。(ホッ~)
いずれにしても今後も自分の身は自分で守るべく
精進しなきゃってことですね。

Re:とったんさん 

>毎月5千円てことはトラじろうさん一人分だよね?
そうです。
共働きの我が家では、
チビ達の分は嫁はんの職場の健康保険の扶養家族に入れて貰ってます。

ですんで、
本文中の差額20万円ってのは、
家族構成やその他、諸事情により一概には言えません。
あくまで参考程度っちゅうことでご了承下さい。

ただ、我が市の保険年金課に問い合わせたところ、
無収入の家族(同居に限る)を1人健康保険に加入させると、
年間の保険料が大体3万6千円くらいになるそうです。
(つまり、ひと月あたり3千円くらい)

専業主婦の嫁はんと子供2人の4人家族の場合、
自分の分が6万円(僕ちゃんの前年度所得をもとに仮計算)、あとの3人が10万8千円。
国民健康保険の保険料は年間合計で概ね16万8千円。
(つまり、ひと月あたり1万4千円くらい)

法人時代の所得にもよりますが、
当方の場合、任意継続の保険料が年間で27万6千円だったわけなんで、
いずれにしても、開業後一年の申告所得が確定した時点で、
国民健康保険に切り替えるのが得策だったわけです。

とったんさんのお家の事情は全く存じ上げませんけど…。(笑)

なるほど~、それでも安いな~。
細かいことは面談の上で。

夜の散歩道やらとったんやら私はいったいだれやねん、
指摘される前に自己反省しております。

Re:とったんさん 

>細かいことは面談の上で。

はい、了解。
また先輩のいっつもへタってるとこへお邪魔しますわ。



>夜の散歩道やらとったんやら私はいったいだれやねん

こっちからは先輩のIPが丸見えなんでご心配なく(笑)
プロフィール

トラじろう

Author:トラじろう
          
いつしか開業7年目。
大阪市内の正統派個人タクシー事業者です。
高齢者の多いこの業界で、
アラフォー青春ど真ん中!
もっちろん営業車は
清潔・快適な完全禁煙車両♪

うりゃぁっ!
やったるでぇ~っ!!
走ったるでぇえぇ~~っ!!!

と言いながら
日夜必死のパッチで営業活動。

個人タクシーを志すそこの貴方!
ど~ぞコメントお気軽に!!
(もちろん堅気の方も大歓迎!!!)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
………………
休憩時間を含めた勤務時間
リンク
QRコード
QRコード