FC2ブログ

インセプション考

“いっつも独りで映画館”を信条にしている当方、
日頃の激務の合間を縫って、
(ていうか仕事をサボって愛車をコインパーキングに放り込んで)
今回はクリストファー・ノーラン監督の最新作、
インセプション」を観に行って来たぞ!

その昔、ひょんなことから、
同監督の大出世作、
メメント」に魅せられてしまった経緯もあり、
かねてより封切がめっさごっつばり楽しみやってーん!

いやぁ、相変わらず実に独特!
まさに鬼才ですね、ノーラン監督。
そして今回こそやりたい放題って感じ。
とてもやないけど当方の拙い言葉では表現しきれないって。
人間の精神世界、特に心の闇の部分を、
なんでここまで巧みに映像化出来るのかなってのがまず第一印象。
どうぞ映画館で観てきてみてみてみて下さい。
(ネタばらし厳禁なのでストーリーに関してはこれ以上はヤメときますね)
なんしか観終わったあとは、
きっとあっけに取られてアングリー状態になること間違いなし!
(終わってみれば若干長めの本編上映時間も全く気になりませんからぁ!)

映像手法としてはある意味、
かつての問題作、
ビョーク主演「ダンサー・イン・ザ・ダーク」に近いものがある気がする。
ハッピーエンドで終わるかどうかの決定的違いはありますが...。
(あ、ちょっとだけ言うてもた...失礼)

あ、そうそう渡辺謙は相変わらずエエ感じ。
僕ちゃんの知らん間にすっかりハリウッドスターになってしもたなぁ...。
(大阪の芸人が東京で売れるのとは訳が違う!)
ほんでから本編中のキーパーソン、
アリアドネ役の「エレン・ペイジ」ってちょっと蒼井優に雰囲気似てるぞ。

あと、あんましこうことは引き合いに出したくないんやけど、
昨日お亡くなりになった日テレの山本真純さん。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。
ただの偶然であるとは思いますが、
この映画封切後の話題に関して言えばあまりにもタイムリー。
というわけで、
映画を観ている最中も観終わった後も、
いろいろと考えさせられる一作でした。
合掌。




スポンサーサイト



大手術

いやぁ、お久しぶりぶりぶりぶりぶりぃっ!(←やんまもっとシュウさん風に)
皆さんお元気ぃ?どない?死んでない?

当方、何とか生き延びてますが、
相変わらず貧乏ヒマなしでバッタバタとしている毎日です。
(マジでマジで僕ちゃんとっても忙しいの!)

ただまぁ、そんな中でも愛車(平成11年式GS151最終型)の、
点検整備だけは決して疎かには出来ません。
ちなみにこのクルマ、全走行距離は間もなく30万km…。
まぁ、営業車としてはやっと慣らし運転も終わりいよいよ働き盛りの段階なんやけど、
肝心の仕事だけは何処にもないのよ!(大泣)

とか言いながら、
必要なパーツは適宜交換していく必要があります。
今年に入ってからは点検整備ごと、
ベーパーライザー、オルタネーター交換、
はたまたエンジンのタペット調整etc...と、
何かと大枚が飛んで行く整備が必要になってきました。
いっそ、即金で現行アスリートにでも代替したろかとも思ったのですが、
今のポンコツをごっつめっさばり気に入っているので、
取り合えず100万kmまでは走破させてみようかと思います。
決してお金が工面出来ないわけではありません。
そこんとこよろちくびぃ~っ!

あ、そやそや、
車両整備とは関係ないけどさぁ、
こないだクレジットカード端末「さっとシステム」の基盤改造で、
(DopaからFOMAへの通信環境切り替え)で35000円くらい掛かってんで!
もう、こんなんはテレビの地デジ化だけで勘弁してよ!!
家計を預かる主夫にとっては、
こういうしょーもないジャブが徐々に効いてくんねんからさぁ!!!

んで、本題に入ります。
こないだから再三にわたり、
掛かり付けの主治医(メカニックさん)から言われててんけど、
いよいよリヤショックが限界とのこと(特にお客様が御乗車になることの多い左リヤ...)。
ま、お金の掛かることなんで少しは躊躇しましたが、
お客様第一主義の当方としては、
思い切って前後(4本)とも新品に交換を即断即決!
(我ながらなーんて男っとこ前なんでしょう!!!)

こちらの希望としては、
ビルシュタインのモノチューブ/ネジ式車高調整キットとかで、
室内からワンタッチで減衰力を調整したろとか思っててんけど、
見積もってもらった結果、さすがに予算オーバーで断念。。。

ではTEINあたりの国内老舗メーカーではどうか?
とも考えましたが、
お客様のことを考えると自己満足はいけません。


車高調整画像

※画像はイメージです


ちゅうことで、結局はトヨタの純正新品をチョイス!
ちなみに工賃込みで約10万円。

いやぁ、
でも格段にシャキッとしたわ!
こんなに変わるとは思いもかけんかったぞ!!
(言うても4輪独立懸架!)

一般道ではマンホール、
阪神高速では路面の継ぎ目を越えるんが楽しくて仕方がないって!!!
取り合えず足廻りだけは新車の気分を先取り♪♪♪
(お得意様も大満足!!!)

ただ、今月の請求書を見るのだけは怖いの。
これがほんまのショックまんきち!!!
って言うてる場合ちゃうって。天神祭りで稼がねば。あーしんど。




本日の参考資料はココ




祝・大阪タクシー全面禁煙化

遅すぎた感が払拭できないのは仕方ないにせよ、
やっと大阪のタクシー業界が近代化に向けて第一歩を踏み出しましたね。

・参考記事はココ


ま、全都道府県中で40番目ってのはタクシー禁煙化のみならず、
大阪特有のレベルの低さがまさに顕れた結果やと思います。
さっすが「ひったくり」や「ぼったくり」の、
輝かしきワースト1記録を樹立し続けるだけのことはある。
やや話は脱線しますが、
橋下徹大阪府知事のかつての発言であったような、
「普通、勉強が出来なければ体育は出来る。学力も体力も低くてどうするのか!」
なんてのを連想してしまったのは当方だけでしょうか?

それはともかく、
すったもんだの末とはいえ、
死に死にながらも三大都市のひとつとしての大阪に、
全世界的なタクシー禁煙化の余波が到達してくれたのは、
常識と良識あるまともな個人タクシー事業者として実に実に喜ばしいことであります。
(あと10年くらいはこのまんまちゃうか…と本気で思ってただけにね。厚生労働省通達万歳!)

この調子で今だに蔓延る「500円タクシー」の徹底的な締め出しは言うに及ばず、
「5000円超分5割引」などという、
お互いがお互いの首の絞め合いをしているにすぎない、
破滅的な遠距離割引システムを過去の遺産とすべく、
大阪のタクシー業界は何としてでも足並みを揃えてもらいたいもんです。
この絶好の機会を逃してはならないのです!

ちなみに、
当方もかつてはマイルドセブン1日50本の喫煙者。
(個人タクシー開業の準備段階で鉄の意志をもってして完全禁煙に成功♪)
なので、
喫煙者の心理も解ってるつもりですし、別に非難する気もありません。
でもやっぱし、受動喫煙のことを考えると、
公共の場所や密室の空間での喫煙は良くない。
ましてタクシーの中なんてもってのほか。
運転手の人権・健康被害を全く無視していることになる。
ただでさえ過酷な労働環境と不規則な生活、
阪神の金本のような鉄人ばかりではなく、
普通、もしくはそれ以下の体力・健康状態の持ち主ばっかしなんやから。

運転手が見るからに低知能指数で、
アホ顔丸出しの路上ポイ捨て立ちション喫煙者の場合、
「そんなもん関係あらへんやんけぇ!」
と、お上品な大阪のお客様からご指摘を受けそうですが、
そんなんでも一応基本的人権は有しているわけなんで、
狭い車内での受動喫煙の議論に関しては、
やっとこれで決着がついたと言えますね。

そして何より、タクシーというのは公共の交通機関。
旅客と一個の運送契約を結んで目的地まで安全・迅速に輸送した後、
その運賃を収受したら、そこでその仕事はおしまい。
また次の旅客と一個の運送契約を結んで次から次へとその繰り返し。
公共の交通機関としては特殊な形態ではあるものの、
決して特定の旅客の為だけに存在しているのではありません。
夜の部の繁華街の場合、
アルコールの作用も手伝っちゃったりなんかしちゃったりして、
ついつい勘違いされる方も多いのですが、
タクシーは行きずりの旅客の僕(しもべ)でも何でもないのです。

ただ煙草もタクシーもある意味では嗜好品に違いはありません。
なので、
もし狭い密室のタクシー車内や地下鉄内でどうしても煙草を喫いたいと仰るのであれば、
どうぞどうぞ、その御甲斐性で、
ご自由にお好きな自家用車とお抱え運転手を用意して、
思う存分に車内喫煙をお楽しみ下さいませ。
主流煙と副流煙のシナジー効果でより一層充実した喫煙タイムになることかと…。

タクシーはどうしても夜の繁華街でだけの営業イメージが先行しますが、
朝・昼・夜と24時間稼動し様々な旅客が利用する乗り物なのです。
朝は通勤のサラリーマン、昼間は通院のお年寄りや妊婦さんの足etc...。
夕方は仕事を終えた共働きママやイクメンの皆さんが、
職場から保育園に分刻みで直行し、
必死のパッチで子供のお迎えなんてのもあったりするのです。(ほんの一例)

ということで時代の流れとはいうものの、
もっと早くタクシー禁煙に関しては行政主導で、
何としてでも手を打ってもらいたかったものですね。
海千山千の魑魅魍魎守銭奴経営者どもが牛耳るこの業界、
自主規制なんて綺麗事は全くアテになりませんし通用もしません。
悲しきかなその毒性の遅効性ゆえ、
アスベスト同様、その間に蒙った善意の一般労働者の健康被害は決して取り返しがつきません。
いざ呼吸器系疾患等で体調を崩したところであとの祭り。
どっこにも言うていく場所がないってやつです。

今回の大阪タクシー全面禁煙化に応じなかった、
残りの10%の法人・個人タクシー事業者(その多くが初乗り2km500円等の下限割れ運賃だったりする!)、
こいつらがますます大阪を駄目にしている。間違いない!!!



【おまけ】
基本的に経営者や運転手の意識が低いのはこの業界、もうどうしようもありません。
タクシー運転手御用達の某公衆トイレでついさっき耳にした会話から一部抜粋。

----以下、K社とT社のアホ丸出し低脳運転手同士の会話-----

 K運「おう、久っさしぶり!自分とこ、協会加盟やったっけ?」
 T運「いや、ウチは入ってないから今月からの禁煙も全然関係あらへんねーん♪」
 K運「うっわ、羨ましいわ。クルマで煙草すえるやん!さらに客も選べるやん!」
 T運「せやろ~。いっしっし。大したことないと思ててんけど今頃になってええ会社に思えてきたわ。らっきーぽんきち♪」


※ちなみに二人とも並んで小用しながら咥え煙草。
 もちろんフィルターが濡れるのを嫌って決してその後も手を洗うことはなく…。
 はぁ、こんなんばっかし。なんて低レベルなんでしょう。




プロフィール

トラじろう

Author:トラじろう
          
いつしか開業7年目。
大阪市内の正統派個人タクシー事業者です。
高齢者の多いこの業界で、
アラフォー青春ど真ん中!
もっちろん営業車は
清潔・快適な完全禁煙車両♪

うりゃぁっ!
やったるでぇ~っ!!
走ったるでぇえぇ~~っ!!!

と言いながら
日夜必死のパッチで営業活動。

個人タクシーを志すそこの貴方!
ど~ぞコメントお気軽に!!
(もちろん堅気の方も大歓迎!!!)

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
………………
休憩時間を含めた勤務時間
リンク
QRコード
QRコード